山本KID徳郁 神の子死去!癌(ガン)を公表しない理由は血液感染による病気か!? タトゥーに込めた家族への想いとは!!

シェアする

神の子と言われた総合格闘家の山本KID徳郁さん(41)が18日に癌の影響で、早すぎる死を迎えました。

世間に多大なる悲しみを与えていますが、8月の末にガンを公表したばかり、なぜこんなにも早くなくなってしまったのでしょうか?

多大なる尊敬の意を込めまして、タトゥーにおける癌へのリスクについて考えて行きたいと思います。

また、山本KIDさんに込められたタトゥーへの想いとは!?詳細にせまります。

スポンサーリンク




先月がん(癌)公表の山本“KID”徳郁さん死去


出典:https://pbs.twimg.com

『神の子』の愛称で親しまれた格闘家・山本“KID”徳郁さんが18日、亡くなった。41歳だった。山本さんは、ミュンヘン五輪代表の郁栄さんを父に、世界王者の美憂さん、聖子さんを姉と妹に持つレスリング一家で育った。学生時代にレスリングの全国大会で優勝するなど活躍した後、プロ格闘家に転向し、総合格闘技ブームを牽引してきた。山本さんは先月26日、がんを患い闘病中であることを明かしていた。
出典;ANN

自身のInstagram上で「ガン」を患い「闘病中」であることを明かした「総合格闘家」の「山本KID徳郁さん」でしたが、18日に亡くなられました。41歳でした。

「神の子」と称され「K-1」や「HERO’S DREAM」のリングなどで活躍して来ました。

「実力」はもちろんありますが、それ以上に、一撃で相手を仕留める、その「カリスマ性」が印象的ではないでしょうか。

そんな山本KID徳郁さんの癌はきちんと治療や対処をされてきたのでしょうか?

タトゥーにおける治療のリスクを見ていきましょう!!

スポンサーリンク




山本KID徳郁さん、タトゥーによる癌のリスクは!?


出典;ANN

山本KID徳郁さんは、若くして、41歳でこんなにも早くして亡くなってしまいました。

一部のファンからは、入れ墨をしていて癌の発見が遅れたのでは!?と言われています。

タトゥーは最近では世界的なファッションとして好まれていますが、体に墨をいれますから、リスクがないとは言えないのが現状です。

山本KID徳郁さんも大変かっこいいのですが、どんなリスクがあるのでしょうか。

タトゥーをするのは大人なら個人の自由ではあるけど、感染症・肝炎・ガンのリスクもあるし、検査の邪魔になったり、誤診を招いたり、そもそも彫ったことを後悔したり、勧められるようなことは何もないので、あくまで愚行権みたいなもんだよね。

それを私たちは進んでるみたいな顔すればまあ反発は招く。
出典:Twitter

彫し師は、医師免許はありませんから、感染症のリスクに関してどこまで知識があるでしょうか。一時期、医師法違反になるのではないかと言われたこともあり、逮捕されたケースもあったようですね。

特に有名なのが、献血でしょうか、入れ墨をした方は、献血ができません。

「肝炎等のウイルス感染の可能性が否定できないため」と言われているようです。

特に多いのが、C型肝炎と言われています。

スポンサーリンク




C型肝炎の可能性も!そしてどんな病気か?


出典;ANN

山本KID徳郁さんは、C型肝炎から発症した癌ではないかともいわれています。

C型肝炎とは、ウイルス(HCV)の感染により起こる肝臓の病気です。

感染すると、慢性肝炎、肝硬変、肝がんと進行する場合が、約70%と言われています。

怖いことに、自覚症状がないまま病気が進行するのです。

肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、肝炎になっても自覚症状がほとんどないのです。

何年もかけて、肝臓の機能が失われて、最悪の場合は、ガンに進行することもあるのです。

また、入れ墨やタトゥーを入れるハリを使い回ししている。そのときに、完全に消毒できていなく
C型肝炎の感染者のウィルスが残っていた。そんなケースがあるのです。

スポンサーリンク




山本KID徳郁さん、タトゥー後の入れ墨検査を怠ったか!?


出典:http://dailynewsonline.jp/article/1512184/

出典:山本KID徳郁画像

山本KID徳郁さんの画像をみると、タトゥーの数が多く、少しずつ増えていっていることがわかります。

自分は別に献血したり、輸血したりする予定がないから、関係ないや。そうは思っていないかもしれませんが。

タトゥーに慣れてくると、今回も同じように大丈夫だと思い込んでいると、危ない傾向があります。

血液検査を受けて初めて、C型肝炎にかかっていることが判明することが多いのです。

知らないうちに、症状がすすんでいて、すでに肝硬変になってしまっていることがわかるケースもあるのです。

山本KIDさんはどうかはわかりませんが、年齢を重ねるにつれてタトゥーが全身に入っていますので、毎回検査をしていたわけではなかったかもしれません。

いずれにしても、癌が何であったかを公表していませんので、断定できませんが、もしかしたらタトゥーによる影響から、肝臓がんに発展してしまったかもしれません。

スポンサーリンク




タトゥーによって癌の発見が遅れたか!?


出典;ANN

先ほどの画像を見てもらえばわかりますが、タトゥーを入れることにより「懸念」される「影響」について見ていきます。

タトゥーは、施術する環境や、施術者の手技、また道具などが「不衛生」だった場合「傷口からの感染」を疑わなくてはいけません。また、人によっては「アレルギー反応」が出る可能性もあります。

また、「MRI」などの検査を受けた人が、インクを入れた部分に沿って「火傷」を負ってしまったという事が、過去にありました。

そのため、MRIを受けられず、病気の発見が遅れてしまうケースがあります。

山本KIDさんも、全身に入ってますから、ほぼ墨の色をしています。そのため、何かした癌の発見が遅れた可能性も否定できません。

年を取るにつれて、病気のリスクは増えていきますから、安易にタトゥーを入れることは避ける必要があるかと思われます。

スポンサーリンク




タトゥーに込めた家族への想いとは!!


出典:インスタグラム


出典:インスタグラム

山本KID徳郁さんの嫁さんの名前はゆいさんのようですね。美人で子供さんもかわいらしいですね。

山本KIDさんには蛇やキスマーク、鳥、大和魂といった様々なタトゥーが入れられており首回りには6文字の漢字があります。

狂・蜂・愛・郁・海・鈴

「狂」と「蜂」の2文字はKIDさんが所属していた”クレイジービー“の意味であり試合で使用するトランクスにも書かれています。

そして「郁」は山本KID徳郁の郁であり、「狂蜂」はクレイジービー。
「愛郁」「海鈴」は子供の名前です。

MALIAさんとの間に出来た子供の名前で、離婚する前に試合で自分の前で、すぐ横で守ってくれて、一緒に戦うって意味です掘ったもののようです。

KIDさんは、まだ死ぬ訳にはいかないと癌に立ち向かっていましたが愛する子供達の成長を見れない事を考えると胸が痛みます。

私たちの心の中でKIDさんは永遠に生き続け、輝いていますし、天国から子供達を見守ることでしょう。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク




まとめ

私達に夢と希望を与えてくれた山本KID徳郁さんにご冥福をお祈りいたします。

色々な思いの中での病気の公表だったと思います。ご家族と最後まで静かに過ごしたかったのだと思います。メディアの方も少しご家族や元妻のマリアさんへの取材などは控えてあげてください。残されたお子様がお父さんとの思い出を少しでも記憶に留められていることを願っています。
出典:yahoo!news

あまりにも早過ぎます、、、
若手を育ててくれる指導者としても
期待していたのですが、、、
彼自身、とても無念だと思います。
超攻撃型の格闘スタイルで闘う姿が、
とてもカッコ良かった!
ご冥福をお祈りいたします。
出典:yahoo!news

がんの公表からあまりにも早い死に驚きました。まだまだ若いのに、、、
ガンは恐ろしい病気だと改めて思います。
出典:yahoo!news

スポンサーリンク