広瀬晃一 イケメン詐欺写真で菊池捺未さんを釣ったか!SNSで知り合った手口が判明!!目隠しの時に財布を盗んだか!?

シェアする

昨年11月末から東京・葛飾区に住む女子大生、菊池捺未さん(当時18)が行方不明になっている事件で、事情聴取を行っていた元土木作業員アルバイトの広瀬晃一容疑者(35)が自供したため逮捕されました。
>二人はどうやって知り合ったのか?

SNSを利用した」と供述している容疑者ですが、詐欺写真を利用したか?その詳細について迫ります。

スポンサーリンク




事件の概要

殺害された女子大生の菊池捺未さん(当時18)はSNSで知り合った広瀬晃一容疑者に会いに行く途中、タクシーの中でずっと下を向いていたという。

おそらく、携帯の画面を見ていたと思われますが、場所が分からなかったのでしょうか。

事件の詳細から確認していきましょう。


出典:FNN

女子大生の行方不明事件が急展開。

事情を聴かれていた35歳の男が、「女性を殺した」と供述。「遺体を埋めた」と自供した場所から、女性の遺体が発見された。

31日午後5時すぎ、病院に向かうため、身柄が置かれていた亀有警察署から姿を見せた男。

31日に逮捕された、広瀬晃一容疑者(35)。「車の中で殺害し、遺体を土の中に埋めた」。

これまで広瀬容疑者は、女子大生について、任意の聴取に、「家の前で会ったあと帰った」とうそを説明。

ところが、30日になって、「掲示板で知り合った女性に騒がれ、殺してしまった」と、供述を一変させた。

2人は、インターネット掲示板で知り合ったとみられているが、女子大生の父親は先週、「ネットやLINEで見知らぬ人と(会わないように)。その点は注意はしてたんですけど…」と話していた。

警察は、犯行に至った経緯のほか、今後殺人の容疑でも厳しく追及する方針。
出典:FNN

スポンサーリンク




なぜこのような事件が起こらなければならなかったのでしょうか。

SNSで知り合ったと話している広瀬容疑者、「騒がれ殺してしまった」と供述しています。

そして、なぜ菊池捺未さん(18)は、年の離れた広瀬晃一容疑者(35)に会いに行く必要があったのでしょうか

それには広瀬容疑者の常習的な手法が見えてきました。

スポンサーリンク




広瀬容疑者の常習的な手法とは!?


出典:FNN


出典:FNN

SNSで知り合った二人ですが、広瀬晃一容疑者はかなり日頃から常習的に使用していたことが分かっています。

以前にも殺害まではいっていないものの同じような事件を起こしていました。

2017年4月には、SNSで知り合った少女に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで茨城県警に逮捕されている。

同6月に水戸地裁土浦支部で罰金50万円の有罪判決を受けた。

出典:朝日新聞

2017年に少女と知り合った手法も、SNSです。

その時に使用していたSNSは若い少女の悩み相談における掲示板だったことがネット情報に掲載されていました

少女の警戒心を解いたあと、会う状態まで持っていき、わいせつ行為を働いたようです。

菊池捺未さん(18)のケースの場合はどうだったのでしょうか。次に迫ります。

スポンサーリンク




イケメン詐欺写真で菊池捺未さんを釣ったか!


出典:FNN


出典:FNN


出典:FNN

二人はSNSを通じて知り合ったとされていますが、容疑者の供述から二人が実際に会うのは初めてだったことがわかりました。

広瀬容疑者は、どうやって出会う内容までこぎつけたのでしょうか。

実は、SNSを通じた出会い系サイトで知り合ったのではないかと言われています。

要するに、広瀬容疑者の以前の手法とほぼ同じです。イケメン風詐欺写真を駆使して、菊池捺未さん(当時:18)に近づいたのです。

次に詳細に迫ります。

スポンサーリンク




タレントのデヴィ夫人(78)が、インタビューで語った内容がこちらです。



デヴィ夫人は「昨年11月から行方不明だった葛飾区19歳女子大生(当時18歳)、無惨なことに、茨城県神栖市で遺体で発見。犯人とはインターネットで知り合い、事件当日初めて会い、殺されました。

なぜ19歳の若い女性が、35歳の薄汚いハゲ男に殺されたのか」と怒り。
出典:東スポweb

デヴィ夫人がコメントしたように、19歳の女性が35歳の広瀬晃一容疑者のような人を好きになるとは到底思えません。

菊池さんは何か騙されたのではないかと思われますが、「イケメン詐欺写真」を利用したSNSの手口であることが分かってきました。

スポンサーリンク




SNSで知り合った手口が判明!!


出典:FNN


出典:FNN

ネットの情報や報道から明らかになってきましたが、東京都内の女子大生・菊池捺未(18)はインターネットの出会い系の掲示板で広瀬容疑者と知り合いました。

その時の広瀬容疑者の顔画像は、「イケメン」だったことがわかってきました。すなわち、詐欺の画像を使用していた可能性が浮上しています。

容疑者本人は、見た目からしてイケメンではないため、出会い系サイトを利用する場合には、自分の顔写真は詐欺を利用するしかなかったのではないでしょうか。

そして、利用した出会い系サイトはこちらのようです。

スポンサーリンク




マッチングアプリを利用していた


出典:http://love-hacks.jp/what-is-matching-apps/

マッチングアプリ

出会いを求める男女を結びつけるアプリのことで、それをきっかけに年々付き合う人、結婚する人が急増しているサービスです。
出典:マッチングアプリシステム

広瀬容疑者は、このマッチングアプリを使用していました。このマッチングアプリは出会いを求めるためには最適で恋人や、結婚までいける可能性があるインターネットサービスです。

ただし、誰でもうまく行くというわけではないそうです。

有名なマッチングアプリでは常に10万人以上の男女が活動していて、年齢、身長、職業や年収、趣味などの条件から好みの相手を探すことができます。

直接話さない分、自分の情報をアプリサイトに記入する必要があります。

そのため、「いくらでも詐称しようと思えばできてしまいます」

マッチングアプリの怖いところは、見えない相手を選ぶときに、詐欺かどうかを見極めないといけません。

広瀬容疑者のような人は、かなり詐欺テクニックを持っていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク




利用していたマッチングアプリのサイトは


出典:http://love-hacks.jp/what-is-matching-apps/

広瀬容疑者はマッチングアプリをしようしていたことが判明してきましたが、その中でも、特に「出会い系」を利用していた可能性があります。

特に、月額制のアプリは動画アプリのように月額を払えば使いたい放題となっていて、短期間にとことんやりこむことができるため恋人探しや婚活に適しています。

女性無料だと女性がより多く集まるのでより恋人探しに適しています。

広瀬容疑者は、お金さえ払えば、いくらでも「連絡し放題」というシステムなため、詐欺の経歴内容でも会うことが出来たのではないでしょうか。

マッチングアプリのメリット

〇スマホさえあればいつでもどこでも活動できる

数万人以上の中から好きな異性にアプローチできる

利用者はみんな異性との出会いを目的にしているので出会いやすい
出典:http://love-hacks.jp/what-is-matching-apps/

スポンサーリンク




マッチングアプリの出会えるし仕組みは?


出典:マッチングアプリの仕組み

【①】まずは登録からです。登録といっても1~2分ほどで終わります。ニックネーム、居住地、身長、職業、学歴などを選択していきます。

【②】登録するとすぐに検索ができるようになります。アプリにもよりますが、例えばペアーズでは200万人近い男性、100万人近い女性が登録していて、その中から相手を選ぶことができます。

【③】そして気になる方がいれば「いいね」を送ります。いいねとは「気になる/話してみたい」の意思表示のことで、これを基本に異性にアプローチしていきます。

利用している人はいたって普通の人が多いです。

ただし、写真に関しては、それぞれ自分の顔意外にも使用できてしまうので、広瀬容疑者のように詐欺写真を送ることは十分にできます。

美男美女の写真はいくらでも入手できるため、気を付けなければなりません。

目隠しの状態で金銭トラブルがあったことが判明してきました。

広瀬容疑者は、うそで固められた人生ですから、騙していたすきに財布をとった可能性もございます。

スポンサーリンク




まとめ

コートを交番に届けて、さらに事件との関連性があると思って再度連絡した住民、すごすぎる。
捜査が進展したのは、この人のおかげみたいなものだ。
出典:yahoo!news

彼女の親からしたら娘が遺体で発見されるだけではなく、見たくもない汚らしい男に手にかけられたことや、娘が怪しい方法で男と接触した形跡があることや、目隠しされて移動したことや、知りたくもないのに知らなければいけないことだらけなことだろう。
出典:yahoo!news

亡くなられた方を悪くは言いたくないが女子大生ももっと慎重に行動すべきだったと思う。
簡単に人と繋がって見ず知らずの人に会いに行くって本当に本当に危険だからやめてほしい。
ワイドショーも真相がわからないことをあーだこーだ言わずにそういう危険性をもっとしっかり伝えてほしい。
出典:yahoo!news

スポンサーリンク