飯森裕次郎の顔画像や昔から劣等感が半端ない!警察官刺傷でコンプレックス解消か!?周囲や家族に認められたい素性が明らかに!

シェアする

大阪府警千里山の交番で、警察官の古瀬鈴之佑巡査(26)を刺し、拳銃を奪って逃走した事件で、東京品川区のアルバイト従業員、飯森裕次郎容疑者(33)が逮捕されました。

刺された古瀬巡査は心臓まで達する重症を負い、肺を一部摘出する手術を行いました。

いったいなぜ、このようなことをしてしまったのでしょうか?

友人や周囲の情報から、劣等感がヤバかったとの情報も!

飯森容疑者のかまってちゃんな性格が判明、その素性について迫っていきます。

スポンサーリンク




事件の概要

大阪府吹田市の大阪府警吹田署千里山交番前で16日早朝、古瀬鈴之佑巡査(26)が刺され実弾入りの拳銃が奪われた事件で、アルバイト従業員、飯森裕次郎容疑者(33)が逮捕されました。

この事件は、あらかじめ包丁を買っていたりと計画的犯行であることが判明しています。

いったいなぜ警察官を刺し、拳銃を奪ったのか?

これには、飯森容疑者(33)の幼少の時の性格が原因との情報が明らかになってきています。

まずは、事件の概要から見ていきます。


出典:ANN


出典:ANN

飯森容疑者が計画的に犯行に及んだ可能性が浮かんでいる。事件当日の飯森容疑者の足取りをたどってみた。

飯森容疑者は犯行直前に中学時代の同級生になりすまし、公衆電話から空き巣被害があったと警察にうその通報をし、被害現場として同級生の住所を伝えていたということです。

18日、大阪地検に身柄を送られた東京都品川区の飯森裕次郎容疑者(33)。16日の早朝、大阪府吹田市の千里山交番の前で、古瀬鈴之佑巡査(26)の胸などを包丁で刺して実弾入りの拳銃を奪い、25時間逃走した後、箕面市の山中で逮捕されました。

周りの人がひどくなったせい」(飯森容疑者の供述)

警察の取り調べに対して、容疑を否認する一方で、周囲への不満ともとれる供述をしているという飯森容疑者。警察は、飯森容疑者が同級生らに一方的に不満を募らせたことが事件の背景になった可能性もあるとみて、動機の解明を急いでいます。
出典:JNN

スポンサーリンク





出典:ANN


出典:ANN

この事件の不可解な点は、同級生の住所を警察に話し、犯行に及んだということと、逮捕されたときに「私がやったことではありません」と供述していることです。

久しぶり。飯森裕次郎です。スマホ壊したので、連絡先がわからず、いろいろなやつに聞いています。

このように、とにかく住所を聞きまくっていたようです。

どうみても、飯森容疑者のやったことですが、なぜこのような発言が出来るのでしょうか。

個人的に住所を教えてくれませんか」「年賀状出したいのでよかったら、住所教えてくれませんか?」など、とにかく誰でもいいので知り合いの住所を聞きまくっていたようです。

この真意として、飯森容疑者は先週末頃、この同級生を飲み会に誘ったものの、断られていたことがわかりました。
断られた反動ではとの見方もあり、この頃から犯行を考えていた可能性が浮上しています。

そんな飯森容疑者に、昔からのある性格が浮上してきました。

スポンサーリンク




昔から劣等感が半端ない!


出典:ANN


出典:ANN


出典:JNN

同級生の住所を聞き出した後、うその空き巣を警察に話し犯行に及んだ飯森容疑者(33)。

昔から、かなり目立ちたがり屋で、クラスの中心的存在であったことが判明してきました。

明るく、場を盛り上げるタイプだった。こんな事件を起こす奴じゃなかった」という同級生のコメントがありました。

かなりモチベーションも高く、何事にも一生懸命という情報も入ってきましたが・・

そんなリーダー的存在の人がなぜ、このような事件を起こしたのでしょうか。

それには、以下のような情報が入っています。

スポンサーリンク





とにかく自慢が多く、おれのおかげだろ、かまってちゃんが強かった
出典:ネット情報

学校の中で、人一倍自慢好きな人」という印象もあったようです。

中には、毎回自慢話を聞かされ、正直、めんどくさい!ということもあったようです。

このような飯森容疑者のように自慢を繰り返す人は、実は強くなりたいの裏返しとも言われています。

自分の方が、上のポジションであることの確認だったり、仲間としての存在価値を認めてもらうことだったり、自分にも役割があることをみんなに示したかったということもあるようです。

自慢」は自分は弱いという劣等感を抱いている人のコンプレックス解消法だと考えられます。

スポンサーリンク





出典:FACEBOOK

FACEBOOKでもこのような「勉強」という画像が多くみられました。

このことからも、昔は勉強が出来たという自分自身の存在感のアピールにすぎず、やはり劣等感がものすごかったことが考えられます。

昔から劣等感が凄いため、それが年齢とともに溜まっていき、うまくいかないことを周囲のせいにしているに過ぎないのではないでしょうか。

しかし、このような劣等感はどこから来るのでしょうか?

飯森容疑者の家庭環境に問題があったことが浮上しています。

スポンサーリンク




周囲や家族に認められたい素性が明らかに!


出典:JNN

劣等感がとにかく強い原因は、やはり家族との関係がうまくいっていないことが原因と考えられています。

幼少のころから、褒められて育ってきた人は、プラス思考の考えをもつことができ前向きに何事も頑張っていくといいます。

しかし、指摘や欠点、罵倒ばかりされていた人は、プラス思考の考え方を持つことができないため、何でもマイナス思考の考え方を持ってしまうのです。

そのため、周りに無理やり認めさせたい、というのが真意ではないでしょうか。

FACEBOOKの内容からも、勉強や、勉学の本、円周率のことが書いてありました。飯森容疑者は自分が頭がいいというのを周囲に分かってもらいたかったことの反動かもしれません。

親だけのせいにはできませんが、教育の仕方にも問題があるのも事実です。

スポンサーリンク




飯森裕次郎・プロフィール


出典:JNN

●名前 飯森裕次郎(いいもりゆうじろう)
●年齢 33歳
●住所 東京都品川区
●職業 アルバイト従業員
●逮捕容疑 警察官刺傷および拳銃窃盗

顔画像は報道されている画像を掲載しています。「周りの人がひどくなったせい」(飯森容疑者の供述)という供述から精神障害が疑われていますが、

誰にも認めてもらえなかったのか、または、かまって貰えなかったのか・・・・

「寂しかった可能性」も考えられます。過去の劣等感の積み重ねが現在につながる可能性もありますので、真相がわかり次第追記いたします。

スポンサーリンク




まとめ

長い時を経て
突如として同級生を一方的に頼り
それが叶わないという
至極当然な結果を受け入れられないので不満が高じ
何の落ち度もない巡査のかたを刺傷させるというのであれば
しかるべき施設に入院療養し
決して世間に出るべきではないと感じる……
出典:yahoo!news

いやいや。
同級生の対応が冷たかったからと言って偽装工作して交番の警官を襲って拳銃を奪わないでしょフツー。
この犯人の言動には失敗して捕まった時のために、ある程度のシナリオを自分で用意してたフシがあるが感じられます。
騙されないように。
出典:yahoo!news

精神病患者の行動や言動をいちいち深読みしていても何も得られないでしょう。
捕まらなかったら奪った拳銃で元同級生の家に押しかけていたかと思うと、警察は本当によくやったと思います。
出典:yahoo!news

スポンサーリンク