熊澤英一郎 被害妄想がヤバすぎる!人生のすべてを親の責任にしたその素性が判明!

シェアする

元農林水産省の事務次官、熊澤英明容疑者(76)が自分の息子を殺害した事件で、
自分が刺さなければ殺されてしまうと思った」と供述していることがわかりました。

この言葉から、息子である熊澤英一郎さんは、普段から親に暴力を振るう息子であることが判明してきました。そして、かなりヤバい人物であった可能性が浮上しています。

息子の熊澤英一郎さんの素性や、殺害された理由について迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク




事件の概要


出典:FNN PRIME

元農林水産省の事務次官の息子である熊澤英一郎さん(44)は、エリートの父親、熊澤英昭容疑者に殺害されてしまいました。

殺害された状況は、刃物で胸に複数の刺し傷と、上半身に数十か所の刺し傷があったようです。このことから相当の強い殺意があったとみられています。

まずは報道された事件の概要から確認をしていきます。

元農林水産省の事務次官の男が、長男を包丁で刺し、殺害した事件。

事件の6日前、長男が自宅で暴れ、その際、元次官が妻に殺意をほのめかしていたことが新たにわかった。

元農水省事務次官の熊沢英昭容疑者(76)は1日、東京・練馬区早宮の自宅で、長男の英一郎さん(44)の胸など数十カ所を包丁で刺して殺害した疑いが持たれている。

調べに対し、熊沢容疑者は「自分が刺さなければ殺されてしまうと思った」と容疑を認めている。
出典:FNN PRIME

スポンサーリンク




自分が刺さなければ殺されてしまうと思った」、このように供述している熊澤英昭容疑者。

自身の身体にも相当のあざがあったことが判明しており、息子の英一郎さんから受けた暴力が物語っているようです。

殺害していいことは何一つありませんが、殺意にいたった経緯が相当ヤバいことになっているようです。

熊澤英一郎さんの性格や素性を確認していきます。

スポンサーリンク




無職で引きこもり状態


出典:FNN PRIME


出典:FNN PRIME

殺害された熊澤英昭容疑者の息子である英一郎さん(44)は、無職で引きこもり状態だったようです。

しかし、エリートの息子であったため、お金には困っていなかったのでしょう。無職で一人暮らしをしていたようですが、仕事にいかず一人暮らしをしながら家の中でも引きこもっていたことが判明しています。

世間の方からも服装は会社に行っているような感じではないという情報もありました。

清潔感がまるでなく、どちらかというと汚い感じの服装と身なり
出典:ネット情報

近所の方の情報から発覚していますが、雰囲気がどんよりしているのか、そのように感じ取られていたのでしょう。

では、一人暮らしで引きこもりをしながら家で何をしていたのでしょうか?

かなりのゲーマーだったようです。次に迫ります。

スポンサーリンク




ドラクエ三昧の日々


出典:FNN PRIME

殺害された熊澤英一郎さんのツイッターが公開されていましたが、ドラクエ三昧と、コメントがかなりヤバいことが発覚しています。


出典:twitter

ドラクエ10ステラ神DQX(熊澤英一郎)」というツイッター情報が流れていました。
このツイッター画面が2014年の時ですから、この時からずっと引きこもってドラクエをやっていたことが分かります。


出典:twitter

ツイッターで発している内容もかなりヤバく、引きこもっているが故の虚勢でしょう。しかし、日時が2018年でもこの投稿をしていますから、4年間くらいずっと引きこもっていたことが考えられます。

ドラクエ三昧のコメントの中で、お金を持っているといった発言や、母を愚母と呼び、殺害をしたいような願望を醸し出しています。

周りが見えていないのでしょう。私的なコメントと自分のことしか考えていません。

スポンサーリンク




ツイッターで母親を攻撃


出典:twitter

愚母を殺したい」。この言葉の真意は、結局自分のことがうまく行かず人のせいにしているに過ぎない、過去の少し辛かった経験を母親や父親のせいにしていますが、すべて被害妄想なのでしょう。


出典:twitter

英一郎さんは、被害妄想が強い人物と考えられますが、引きこもりをすることによって、自己重要感を満たしたくなります。思い込みが激しく、幼少の時から人生経験がすくない人物という情報も・・

母親を攻撃していますが、小さい頃から勉強しかしてこなかった可能性も考えらえます。エリートの家で育ったプレッシャーは確かにあったのかもしれませんが・・・。

スポンサーリンク




自宅での殺害内容


出典:FNN PRIME

先月の5月末に英一郎さんは、実家にもどってきています。今まで引きこもっていたわけですから、親と口論があって当たり前でしょう。

そして・・・

事件の数時間前、熊沢英昭容疑者の自宅横にある小学校では運動会が行われていた。
すると英一郎さんが口にしたというのが…「うるせーな、子供ぶっ殺すぞ」という発言。

出典:FNN PRIME

殺害をした英昭さんは、「自分の息子が第三者に危害を加えるかもしれないと思った」と話しています。家庭内暴力や他人に危害を加えることを不安視していたようです。(FNNPRIME)

自身の体もあざだらけですから、他人を傷つけてしまうと思ったのでしょう。

他人を傷つけるならいっそのこと、英昭容疑者みずから殺害しようと思って行動に移ったのかもしれません。

川崎の無差別殺人事件が起こったばかりですから、同じような人物である息子はやりかねないと思ったのでしょう。

スポンサーリンク




熊澤英一郎・プロフィール


出典:FNN PRIME

●名前 熊澤英一郎
●年齢 44歳
●住所 東京・練馬区早宮の自宅
●職業 無職

顔画像は、当時19歳の時の画像が流れていました。

親に暴力を加えて引きこもっていた結果、父親の英昭容疑者に殺害をされてしまいました。

スポンサーリンク




まとめ

仕方ないと思う。
父親として、息子が他人や妻を殺す前に、自分の手で殺さなければならなかったのだろう。
ただの引きこもりではなく、昔から家庭内暴力をしている。
この父親も、ずっと長いこと苦労して苦悩してきただろう。
自分自身も、また息子を殺すのも、とても辛かったはずだ。
情状酌量を求める。
出典:yahoo!news

これは情状酌量の余地が大きいな。
殺人は絶対に駄目であることは間違いないし、他の手段を取らなかったのは落ち度だけど、事情を汲みして余りある。
出典:yahoo!news

自分達の年齢を踏まえて先の事を考えたら仕方のない事なのかなぁ。他人に危害を加えてからでは手遅れだし…なんか辛い。
出典:yahoo!news

スポンサーリンク