荒川拓雄の顔画像や短気で自分勝手な殺人行為!傘で失明させたその素性が明らかに!

シェアする

2019年7月4日、東京JR目黒駅前で53歳の会社員の男性がタクシーを待っている間に、面識のない男に突然傘で目を突き刺され失明する事件が発生しました。

それから20日あまり経過し、防犯カメラによって会社員、荒川拓雄容疑者(47)を逮捕しました。

いったいなぜこのような事件が発生したのでしょうか?

非常に悪質で自分勝手な人物であり、完全に殺人行為です。

普段の日常生活から、かなり短気で一方的なキレ方をしていたとのこと。

顔画像や短期で自分勝手なある素性がわかってきました。自宅画像や近所の方の証言も含めて迫っていきます。

スポンサーリンク

事件の概要

傘で目を突き刺され失明をしてしまった男性は、荒川容疑者とは面識はなく、タクシー待ちの時にたまたま体がぶつかっただけ。

しかも、荒川拓雄容疑者(47)が一方的にいちゃもんをつけイライラしていたことも分かってきました。

いったいなぜ?

荒川容疑者の自分自身のことしか考えない素性について迫っていきます。


出典:TOKYO MX


出典:TOKYO MX

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、東京・港区の会社員・荒川拓雄容疑者(47)です。警視庁によりますと、荒川容疑者は7月4日午後8時半ごろ、JR目黒駅前の路上でタクシーに乗ろうとした会社員の50代男性の右目を傘で刺し、けがを負わせた疑いが持たれています。

男性は眼球破裂の大けがで、右目を失明しました。

警視庁は荒川容疑者が急所が集まる頭部を狙って傘を強く刺したとみていて、傷害ではなく殺人未遂の疑いで逮捕しました。被害に遭った男性は「容疑者と体がぶつかり、トラブルになった」と話しているということです。

調べに対し、荒川容疑者は「トラブルになった時、傘が当たったかもしれない」と供述し、殺意については否認しています。
出典:TOKYO MX

スポンサーリンク


出典:TOKYO MX

荒川容疑者と50代の男性は面識はないのですが、タクシー乗り場ではかなりイライラしていた様子があったことが防犯カメラから明らかになっていたようです。

「溜息をついていた」「ずっとイライラしていていた」「並んでいるときに暴言を吐いていた」

そんなに早く帰りたかった?

タクシーを並んで待つことも出来ない、47歳会社員の荒川拓雄容疑者のかなりヤバい性格について迫っていきます。

スポンサーリンク

性格は物凄く短気


出典:JNN


出典:JNN

荒川容疑者は、傘で目を刺した後、逃走し別の駅から自宅まで帰ったようですが、近所の方の証言では日常から凄まじかったことが分かってきました。

性格は短期で荷物が自分の敷地の中に入っていたことがあり、かなり大きな声で怒鳴っていたことがわかりました。」(近所の住民)

このような状況では、普通でしたらこちらに届いてますよ、とか声をかけるのが普通かと思われますが、そうではなく、融通の利かない「ただの短期な雷おやじ」です。

さらには、挨拶をしない、愛想が悪い、なども日常茶飯事のようです。

その理由として

自分の考えが常に正しいと思っている

このように話していることが分かってきました。

自分の意見が常に正しいと思っているからこそ、自分の物差しでしか考えることができないのでしょう。

だからこそ、自分の思い通りにならないとキレますし、少しでも不利益なことは許されないのだと考えられます。

幼少の時から親にいい子いい子で育てられてしまった人は、すごく我慢弱いということも言われていますので、荒川容疑者も同じような人物であることも考えらえます。

スポンサーリンク

自分勝手な殺人行為!


出典:JNN


出典:JNN

荒川容疑者は近所の方からもかなり短気だったことが分かってきましたが、明らかに自分勝手な殺人行為であることは間違いありません。

会社でもすぐにキレやすい

会社でも横暴なふるまいをしていた可能性が持たれており、周りの人の自分に対する評価を気にしているとの情報も。(ネット情報)

結局のところ、会社でも、家でも近所でもすぐにキレやすい性格なことがおおよそ予想がつきますが、その原因としてキレれば周りが黙りこみ、自分の状況が好転して、思うようになったという出来事が何度もあったからではないでしょうか。

「だからこそすぐキレる」

今回の事件もその要領で会社やいつもと同じようにキレてしまったために起こったことが考えられますが、暴力までしてしまったことは許されません。


出典:JNN
「傘が当たってしまったかもしれない」。この発言を言えること自体が責任の重さを感じていない証拠ではないでしょうか。

スポンサーリンク

荒川拓雄・プロフィール


出典:JNN

●名前 荒川拓雄
●年齢 47歳
●住所 東京・港区
●職業 会社員
●逮捕容疑 殺人未遂

スポンサーリンク

犯行現場


出典:JNN


出典:JNN

スポンサーリンク

まとめ

同じ目に合わしたらいい。
両目傘の先で突き刺したらいいのでは。
出典:yahoo!news

駅のような不特定多数の人が集まる所では、
通り魔的な犯行を起こす人がいます。
私も被害に遭いましたが、
見知らぬ中年男性に週刊誌を丸めた角でいきなり胸を突かれました。
あまりの痛さに地べたに座り込んでしまい、
その犯人にはまんまと逃げられました。
友人達にも聞くと、
同じような経験が大なり小なりありました。
無関係で恨みもないのに酷いことをする人間がいると思うと、
外出することさえ怖くなります。
出典:yahoo!news

tak***** | 10時間前
事件があった現場はよく通る場所だから、この信号を通過するときに『本当にここで?』って思うんですよね。
でも、駅付近の目黒通りの歩道はそこそこ広いけど、この信号は人溜まりになりやすくてバス停もすぐそこだから、そこでタクシー待ちをされて邪魔だと思ったことでトラブルになったのかなぁ。
だとしたら、駅北側のバス停の信号も混雑する場所だから、そこでもトラブルが起こらなくもないんですよね。。。
恵比寿駅東側の駐輪場側のセブン辺りなんて、あまり車は入ってはこないけど、車道に人が広がって歩いているから車が止まってしまうことがあるんですよね。
業者さん以外はわざわざそこを車で通るメリットはあまり無いから通行量も少なくて人が車道に広がって歩いているんだけど、考えれば考えるほど、どこでもトラブルが起こりそう。。。
出典:yahoo!news

スポンサーリンク