山城清幸の顔画像やFACEBOOKから榊原淳次さんとはかなり仲の良い関係性が判明!殺害した真相が発覚!

シェアする

名古屋市栄の繁華街で職業不詳の榊原淳次さん(46)が刃物で襲われれ病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

逮捕された犯人は、無職の山城清幸容疑者(48)です。「往年の恨みがあった」と供述していますが、2人の関係性は物凄く仲が良かったとの情報も!?

真相に迫ります。

スポンサーリンク




事件の概要

25日午後11時10分ごろ、名古屋市中区栄4丁目の路上で、職業不詳榊原淳次さん(46)が胸などを刃物で刺されて殺害されました。

榊原さんは搬送先の病院で死亡が確認されましたが、突然の出来事で現場はだいぶ騒然としていたといいます。

まずは、事件の概要を見ていきましょう。


出典:FNN


出典:FNN

 名古屋市中区の路上で25日夜、知人の46歳の男性を刃物で刺すなどし48歳の男が逮捕されました。男性はその後死亡し、男は「積年の恨みがあった」と供述しているということです。

深夜の繁華街で、包丁と金属の棒のようなものを手に持つ男…。25日夜逮捕された名古屋市南区の無職・山城清幸容疑者(48)です。

山城容疑者(48)は25日午後11時15分ごろ、名古屋市中区栄4丁目の路上で、知人の榊原淳次さん(46)の胸を包丁で刺すなどし、殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

榊原さんはその後、死亡しました。

山城容疑者は榊原さんを包丁で胸を複数回刺したうえ、金属製の工具で複数回殴るなどして、警察の調べに対し、「榊原さんに積年の恨みがあった」と供述しているということです。

また、山城容疑者は凶器を事前に準備していて、警察は強い殺意を持って計画的に犯行に及んだとみて、容疑を殺人に切り替えて動機などを詳しく調べています。
出典:FNN

スポンサーリンク




逮捕された無職の山城清幸容疑者は、「榊原さんに積年の恨みがあった」と供述していますが、以前はかなり仲の良い友達同士であったとの情報も?

なぜ、山城容疑者は殺意に変わる恨みに変わってしまったのでしょうか?

顔画像やFACEBOOKなどのSNSからある素性が分かってきました。

スポンサーリンク




死亡した榊原淳次さんと仲の良い関係性だった


出典:FNN


出典:FNN

山城容疑者は、榊原さんを包丁で胸を複数回刺したうえ、金属製の工具で複数回殴るなどしたということですが、

「榊原さんに積年の恨みがあった」と供述しています。

しかし、山城容疑者と榊原さんは以前は相当仲が良かったという情報が入ってきました。(ネット情報)

二人の関係性がどこでこじれてしまったかはわかりませんが、二人で飲みにいくことが多かったり、良く二人でお店に向かっている様子を目撃されている情報もあったようです。

そんな二人の関係性が崩れ、「積年の恨み」に変わった理由としてある内容が浮上しています。

スポンサーリンク




お店でのトラブル


出典:FNN

山城容疑者と知人の榊原淳次さんが刺された場所は、名古屋市の中区栄4丁目の路上です。




お店の外で包丁が胸にささった状態で倒れているのを、飲食店を経営する男性(55)が目撃しています。

榊原さんが通っていた場所は、フィンリピンパブとの情報が入っていますが、昔はよく二人で飲み歩いていたのではないでしょうか。

最大の疑問は、山城容疑者が殺意を持った理由です。

以下のような内容が入っていました。↓

スポンサーリンク




山城容疑者は「(榊原さんに)恨みを持つようになったのは、女性関係でのトラブルです。
出典:ネット情報

二人で飲み歩いていたようですが、相当に仲が良かったと思われれます。お気に入りの女性を榊原さんに取られてから仲が悪くなったのでは?との情報も入っています。

仲のいい友達が自分の狙っている女性をとってしまった場合、その関係性は、かなりヤバい関係になるとも言われていますが、山城さんと榊原さんもその関係ではないかとも。

そして、殺意に変わる理由は、ひどい仕打ちをされて不快になった思いを辛抱し続けた結果、でてくる感情でもあるようです。(山野保(山野保『「うらみ」の心理―その洞察と解消のために 』創元社)。

スポンサーリンク




積年の恨みがあった本当の理由


出典:ANN

2人は知人関係で仲がよかったことがネット情報からも出ていましたが、「積年の恨み」に関して注目が集まっています。

恨みの感情に関しては、「甘え」とも言われています。

自分のことを理解してもらいたい、気持ちを分かってもらいたい、自分の都合に合わせてもらいたいなど、

甘えが満たされないときに、憎しみや怒りが生まれ、その感情の表現が押さえ込まれた結果、恨みの感情が出るといいます。(恨みの心理から)

有名な精神分析学者土井建郎氏は、

甘えとうらみの感情が混ざったり抑圧される中で、すねる、ひがむ、ひねくれる、被害者意識などの感情が湧いてくる
出典:甘えの構造

恨みの感情が増幅していき、長い間増幅されついには犯罪的行為に変貌していくと著書に記されているように、

山城容疑者も些細なことが積み重なり、恨みに変わっていったのかもしれません。

スポンサーリンク




山城清幸・プロフィール


出典:FNN

知人である榊原さんを恨みの理由で殺害した犯人です。

●名前 山城清幸(やましろきよみき)
●年齢 48歳
●住所 名古屋市南区明治1丁目
●職業 無職
●逮捕容疑 刺殺

顔画像は報道されている画像を掲載しています。SNS関係は、検索しましたが本人の内容は検索されませんでした。

ツイッターや2ちゃんなどのネット情報から容疑者本人の情報を基に記事を掲載しています。

殺害に使用された凶器ですが、刃物のほか、棒状の工具も持っていたといいます。

複数回胸に包丁でさし、鉄の棒で頭を強打したということです。

非常に冷徹な行動ですね、殺害して解決することは一切ないのですが、そこまで恨みに変わる事実とは一体何でしょうか・・・

スポンサーリンク




犯行現場

名古屋市中区栄4丁目の路上で、知人の職業不詳榊原淳次さん(46)=同市天白区鴻の巣1丁目=の胸などを刃物で刺して殺そうとした疑いが持たれています。

スポンサーリンク




まとめ

下手に撮らない方が良いと思う。
危ないですよ、撮影者さんも。

snsへアップする人もいますが、
その神経を疑います。
出典:yahoo!news

近くで知り合いが飲食店をやってて、行く時は現場の通りをよく通る。まさかこんな場所で事件が起こるなんて…。もしかしたら遭遇してたらと思うとめっちゃ怖い。
SNSで動画がアップされてて見てしまったが、アップするのはどうかと思う。
出典:yahoo!news

人を怒らし過ぎると危険、悪気は無くても言い過ぎは危険、画像撮ってる人も余計に怒らして巻き込まれる危険性も考えないと、地域や人によって沸点も違う
撮影者が犠牲者にならなくてよかったが
出典:yahoo!news

スポンサーリンク