佐々木靖幸の顔画像や妄想性のストーカーや一方的な片想いが判明!?渡辺真澄さんを殺害したその素性がヤバすぎる!

シェアする

埼玉県松山市のアパートの一室で、介護士の渡辺真澄さん(38)が刺殺されている状態で発見されました。

胸や腹などを複数回さされていることが確認されていますが、元同僚である住所不定無職の佐々木靖幸容疑者(41)が殺害容疑で逮捕されました。

いったなぜ渡辺さんを殺害したのでしょうか?

実はかなり一方的に行為があった可能性が!

佐々木容疑者の顔画像や元職場での素性について迫っていきます。

スポンサーリンク




事件の概要

看護士である渡辺真澄さん(38)と殺害した佐々木靖幸容疑者(41)は元同じ職場で、2か月間だけ一緒に働いていたことが判明されています。

しかし、佐々木容疑者は「恨みがあった」と話しているとのこと。

これに対して、ある一方的な好意をもっていた可能性が!?

まずは事件の概要から確認していきます。


出典:ANN


出典:ANN


佐々木容疑者(41)は、11日夕~13日朝、渡辺さん宅で渡辺さんの胸や腹を刃物で刺して失血死させたとしている。捜査本部によると「間違いありません」と容疑を認め、「恨みがあった」などと話している。

渡辺さんが以前勤めていた介護施設の同僚だったが、具体的なトラブルは把握されていない。渡辺さんの携帯電話に残されていた通話履歴から浮上。15日午後、都内で発見し任意同行を求めた。

渡辺さんは12日に職場を欠勤し、13日朝に自宅を訪れた同僚が遺体を発見した。刺し傷は上半身に十数カ所あり、数カ所は心臓などに達していた。捜査本部は佐々木容疑者に強い殺意があったとみて経緯を追及する。
出典:毎日新聞

スポンサーリンク





出典:FNN


出典:ANN

佐々木容疑者は「強い恨みがあった」と供述していて、渡辺さんの刺し傷の中には一部は内臓まで達していたとのこと。

いったいなぜ、こんなに強い恨みがあったのでしょうか?

携帯電話に通話履歴があったことから、佐々木容疑者のある素性が浮上しています。

一方的な好意をしていたことも!?佐々木容疑者の素性に迫っていきます。

スポンサーリンク




佐々木靖幸・プロフィール


出典:FNN


出典:ANN

●名前 佐々木靖幸(ささきやすゆき)
●年齢 41歳
●住所 住所不定
●職業 元介護士
●逮捕容疑 刺殺

顔画像はまだ明らかになっていません。SNS上でも本人と同姓同名の人は検索されますが、確証がありませんので控えさせて頂きます。画像に関しましては、詳細が分かり次第、ご報告します。

強い恨みがあったと供述する一方で、事件当日まで連絡を取り合っていたことが判明してきました。

この内容から、佐々木容疑者が一方的に行為を寄せていた可能性が浮上してきました。

スポンサーリンク




ストーカー気質の一方的な片想いがヤバい


出典:FNN


出典:ANN

今年に入り、同じ介護士で知り合った佐々木容疑者と渡辺さんですが、事件が起こるまでに連絡を取り合っていたことが浮上しています。

本来では、「恨みがあった」ということは考えにくい状況でもあります。

なぜなら、連絡を取り合わないからです。これを考えますと、佐々木容疑者の一方的な片想いではないでしょうか。

好意を寄せていたものの、断られたため殺意に変わった

また、「諦められない、なんとか付き合いたい」との情報もあることから、一方的な確信が強いこともあり、佐々木容疑者の心情としては、深刻で病的な状態だと思われます。

スポンサーリンク




「運命の相手とはうまくいかないわけない」
出典:ストーカー気質

少なからず、佐々木容疑者のように事実を受け入れられないのも原因だといいます。

一方的な好意は、必要以上にプレゼントを贈ったりデートに誘ったりし続けた結果から、相手は困惑し「断ったはずだよね」と言ったとしても、しつこくアピールし続けるのが原因とされます。

そのうちに、「いつになったらわかるの!」「こっちは好きな人がいるんだから!」などと言われ、初めて状況を把握し、「裏切られた」と激しく相手を憎んでしまうのです。

佐々木容疑者はこのパターンではないでしょうか。

スポンサーリンク




渡辺真澄さんを殺害したその素性がヤバすぎる!


出典:FNN

出典:ANN

佐々木容疑者の「恨みがあった」は、一方的な片想いや好意を断られたことが原因と思われます。

特に、佐々木容疑者のような人物は、わけのわからないプライドが高かったりするので、ずたずたになった自分のプライドを復権させるために、渡辺さんをひどい目に遭わせるしかないと、復習に燃えるようになっていきます。

こういったケースの多くは、復讐の実現にすべてを賭けようとして、仕事を減らしたりやめたりし、ありとあらゆる手を使って攻撃の準備を整えようとします。

これは妄想性のストーカーによる被害に特に似ており、佐々木容疑者もその素性であったのではないかと思われます。

スポンサーリンク




まとめ

「恨みがあった」というけれど、
四十を過ぎたいい大人が今年初めて知り合って2ヶ月ほど一緒に働いただけの
仕事仲間に対し、殺したいほどの恨みを持つ、、、
自分には到底想像が及びません。。。
出典:yahoo!news

職場で変な男に目を付けられて殺される事件多いな。
出典:yahoo!news

無職になってるってことは仕事を辞めているってことだね。元同僚が直接的な理由なのだろうか。2カ月とはいえ十分動機になりうるような諍いがあったのだろうか。現状情報が不十分だがそれにしてもそれが直ぐに殺害とは安直なことだ。だが、就職氷河期世代において職場環境が劣悪でそれが放置されていることなどの弊害ともいえるだろう。
出典:yahoo!news

スポンサーリンク