大迫銀河 顔画像や親子の闇が判明か!指摘され続け恨みに変わった可能性も!?

シェアする

鹿児島県に住む父親の腹や手を刃物で刺したとして、無職の息子が逮捕されました。

逮捕されたのは、鹿児島県長島町平尾の無職・大迫銀河容疑者(35)です。

お父さんを殺すつもりで腹を刺した」と供述しており、相当な殺意があったことが判明しています。

親子の闇が考えられますがいったいどうしたのでしょうか?

事件の詳細や犯行にいたった動機についてあることが浮上!?
詳細にせまります。

スポンサーリンク




事件の概要

最近、刺殺事件がかなり多くなり、だいぶ物騒な世の中になってきました。特に無職の息子による親との間での事件も多発しています。

今回事件を起こした大迫銀河容疑者(35)も父親を刺しましたが、口論があったとのこと。

大迫容疑者との親子関係の闇に迫っていきます。まずは、事件の概要から見ていきましょう。


出典:NNN


出典:NNN

22日夜、鹿児島県の長島町で父親の腹などを刃物のようなもので刺し殺害しようとしたとして、35歳の息子が殺人未遂の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、鹿児島県長島町平尾の無職・大迫銀河容疑者(35)。警察によると大迫容疑者は、22日午後9時から9時40分ごろまでの間に近くに住む父親の大迫和彦さん(62)の自宅で和彦さんの腹などを刃物のようなもので刺すなどして、殺害しようとした疑いがもたれている。和彦さんは、病院に運ばれたが、命に別条はないという。

大迫容疑者は、「お父さんを殺すつもりで腹を刺した」と容疑を認めているという。

近所の人「息子(容疑者)は誰と会っても無口だった」「前1回あった、親子げんかが。その時もひどかった」

大迫容疑者は、父親と電話で口論になった後、犯行に及んだとみられ、警察が詳しい動機などを調べている。
出典:NNN

スポンサーリンク




電話で口論の末に「お父さんを殺すつもりで腹を刺した」と供述している大迫容疑者ですが、親の気持を考えると、無職の息子にきつく言うのは当たり前かと考えられます。

しかし殺すつもりで刺した、という供述はあってはなりません。

あまりに文句を言われすぎていて殺意に変わったか!?

大迫容疑者と親子の関係性について迫っていきます。

スポンサーリンク




指摘され続け恨みに変わった可能性!?


出典:NNN


出典:NNN

「お父さんを殺すつもりで刺した」と供述している大迫銀河容疑者(35)。

この言葉だけを考えると、相当な恨みを持っている可能性が考えられます。いったいなぜ、このようなことを思ってしまうのでしょうか?

大迫容疑者のある家庭事情について迫っていきます。

大迫容疑者は、実家である長島町の近くに住んでおり、無職で一人暮らしをしていたことが判明しています。

お金がなく親からの援助により生活をしていたようですが、これに対して当然ながら親から文句を言われていた可能性が持たれています。

これだけを見ると、大迫容疑者が当然悪いように持たれますが、実は近所からの情報から以下のことが判明しています。

スポンサーリンク





息子(容疑者)は誰と会っても無口だった

前1回あった、親子げんかが。その時もひどかった

出典:NNN

近所の人とあっても挨拶をしないし、親子喧嘩が絶えなかった。

この情報は、以前からもあったようで非常に喧嘩が多かったようですね。

大迫容疑者はうちにこもってしまう性格だったということが判明していますが、この性格をつくった教育方法にも原因があるのではないかと考えられています。

スポンサーリンク




教育方法がヤバい!?


出典:NNN


出典:NNN

大迫容疑者の近所情報から、内にこもる性格というのと、親との喧嘩が絶えないということが分かっていますが、このことに、教育方法がヤバかったのではという情報が入ってきました。

さっきまで甘えていたくせに、急にその生意気な態度は何?」ということが親子との間にはよくあることですが、これに対して、キレてしまう親は、そのまま態度を指摘したり、突き放したりしてしまうと言います。

突き放したりしてしまうと、子供は自分の間合いが保てなくなり恐怖に襲われてしまうこともあるようです。

しかし、子供からしたら親を試すというか、もっとどうしたの?とか聞いてほしいのですが、親は一方的に子供が悪いと文句を言ってしまうのです。

そうではなく、今の態度は親としてはこうだったよ、とか。傷ついたということを言い、子供に気づかせてあげる努力は必要だともいいます。(子供の気持ちから)

大迫容疑者は、親から指摘をされ続け、殺意に至った可能性も考えられます。

社会不適合になる裏には決して子供だけのせいではなく、親と子の関係性が非常に重要なのです。

35歳という年齢ですので、きちんとした考え方をもっても良いのですが、最近の同じような事件を考えると教育方法もいくらか原因があることは否定できません。

大迫容疑者が父親を刺殺しようとした動機が明らかになり次第、追記をさせて頂きます。

スポンサーリンク




大迫銀次・プロフィール


出典:NNN

●名前 大迫銀次(
●年齢 35歳
●住所 鹿児島県長島町平尾
●職業 無職
●逮捕理由 刺傷事件

顔画像はまだ公開されていませんので掲載はしておりません。

大迫容疑者は、父親に対して殺意をいだき刺傷させましたが、その理由は本人が無職であることから指摘をされ続けたことにより、今回の事件につながっていることが考えられます。

しかし、その根底には家族間の悩みがあったのではと考えられます。

真相がわかり次第、追記をさせていただきます。

スポンサーリンク




犯行現場


出典:NNN

鹿児島県長島町の父親の家で事件が発生しました。

父親は腹部と手を刺傷されましたが、命に別状はありません。

スポンサーリンク




まとめ

家庭環境は分からないが、不満があるなら家を出ればいい。
選り好みしなければ、仕事はいくらでもあります。
出典:yahoo!news

皆さんのおっしゃること、よくわかります。
私自身が偉そうに言える立場ではありませんが、仕事をして一人暮らしをすれば起きなかったことだと思います。
親が自分の思う通りに育てたい意識が強いのか?または腫れ物に触るように子供を育てたのか?わかりませんが、悲しいの一言です。
「親子ゲンカが激しい」という部分を見ると余程父親を恨んでいたように感じます…
親子間に何があったかはわかりませんが、何もかもが親の責任とは思いません、どうか深く反省してほしいです。
出典:yahoo!news

こういう親子増えたよな
成長過程で抑圧しすぎて発散させる方法を覚えさせなかったとかじゃね?
親の思う手のかからない良い子を作ろうとして失敗するとこういうやばいのが出来上がる
出典:yahoo!news

スポンサーリンク