佐藤俊彦の顔画像や自分勝手な被害妄想がヤバい!赤松英二さん宅へ向けたヘッドライトからトラブルとなったその素性が明らかに!!

シェアする

24日夜遅くに名古屋市北区の路上で、男性2人が刺され死亡した事件で、現場近くに住む無職の佐藤俊彦容疑者(38)が逮捕された。

被害に遭われた方は、会社員の赤松英司さん(41)と同僚の小笠原智之さん(44)が、胸や腹などを複数箇所刺され死亡した。

目撃情報は、容疑者とくっついてけんかし取っ組み合いの感じで刺されたとも。

いったいなぜ、2人も刺してしまったのか?

佐藤容疑者の自分勝手なある素性がわかってきました。刺され死亡した赤松さんとの関係性について迫ります。

スポンサーリンク




事件の概要

佐藤俊彦容疑者(38)に刺され死亡した赤松さんは、容疑者の家の向い側に住んでいて、以前からトラブルがあった可能性が出ています。

しかし、刃物で人を刺すという行為は、よっぽどの恨みがあるとしか考えられませんが、いったいそこまでの恨みは何があったというのでしょうか?

佐藤容疑者は、無職の引きこもりで、普段から近所に迷惑をかける人として有名だったようです。

赤松さんとはある物が原因だったとも!?

まずは、事件の概要から迫ります。


出典:FNN


出典:FNN

名古屋市の住宅街。行く手にはパトカー複数台と大勢の警察官が集まっていた。
 通報した男性:「道路で何者かが刃物で人を刺している。人が血だらけで倒れている…」
 通報を受けた警察官が駆け付けた際の別の角度から撮影した現場の様子。停車したパトカーのヘッドライトの先に血を流す男性が倒れている。

路上では他にもう1人の男性が刃物で刺されていて、いずれも死亡が確認された。2人は同じ会社の同僚だという。

周辺の学校では登校見合わせを検討するなか、25日朝早くに殺人の疑いで近くに住む佐藤俊彦容疑者(38)が逮捕された。実は、被害者である赤松英司さん(41)と佐藤容疑者の自宅は通りを挟んで向かい合っていることが分かった。夜間でも頻繁に光っていたとされる容疑者宅からのライト。他にも佐藤容疑者宅に住みついた20匹ほどの猫を巡って近所でトラブルになっていたという。

24日夜に被害者2人は一緒に佐藤容疑者の自宅を訪れ、その後に事件に巻き込まれたとみられている。
出典:ANN

スポンサーリンク





出典:ANN

佐藤容疑者と刺され死亡した赤松さんは道路を挟んで向かい側に住んでいたことが判明しています。

このため、何かしらのトラブル要因だったと思われますが、近隣の方から、ライトの光が赤松さん宅へ向かっていたとの証言がありました。

赤松さんと同僚が注意をしにいき、刺されてしまった可能性がもたれています。

佐藤容疑者は誰とも接しないことが判明していますが、かなり危険人物として有名だったようです。

スポンサーリンク




自分勝手な被害妄想が判明か!


出典:ANN


出典:ANN

刺され死亡した赤松さん(41)と佐藤容疑者(38)は、道路を挟んだ向かい側どうしに住んでいたということで、近所トラブルだったのではないかとされています。

近所の方の証言では、「通るたびに頻繁にライトが光っていたということ」そして、ライトの方向が赤松さん宅のマンションの一室に向けられていたのではないかという。

このライトですが、ある情報では、「一種の警戒心がつよいためにつけられているのでは?」ということも。

佐藤容疑者は、無職で引きこもりの状態だったため誰ともしゃべらない生活が続いていました。

そのため、一種の精神傷害も引き起こし、不安や焦りなどからライトをつけている可能性も浮上しています。

このことに関しては、真相がわかり次第追記いたします。

スポンサーリンク




20匹の猫の影響が近隣に迷惑をかけたか!

佐藤容疑者の家には、20匹ほどの猫がいたという。このため、泣き声が部屋から物凄く聞こえていたようです。

また、周辺を猫がよく歩いていて、糞も物凄かったとの情報も。

近隣の方からしたら大変迷惑だったのではないでしょうか。

普段から人付き合いもなく、動物だけが心の便りだったようですが、引きこもりのせいか、周囲の人とあいさつも出来なかったことが判明しています。

スポンサーリンク






近所の人は、「(佐藤容疑者は)なんか怖い感じでした。(近所づきあいは?)ない、絶対にないと思います。たぶん誰ともしゃべってないと思う」と話した。
出典:FNN

ここまで来ると、佐藤容疑者は自分自身が不安で仕方ないのでよう。近所の方に威圧感を出していたようで、自分を大きく見せる威嚇行動です。

自身の不安が多過ぎるためにこのような態度をするしかないことが考えられます。

ある意味なんとかしなければいけないと思う反面、一度引きこもりをしてしまったら抜け出せなくなりますから、悪い習慣が身に付き、次第に殺意に変わってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク




佐藤俊彦・プロフィール


出典:FNN

●名前 佐藤俊彦(さとうとしひこ)
●年齢 38歳
●住所 名古屋市北区
●職業 無職
●逮捕容疑 刃物で2人殺人

顔画像に関しては、まだ報道されていませんので分かり次第追記させていただきます。

家族構成は明らかになっていませんが、猫20匹を飼っていたことを考えると、一人暮らしをしていた可能性が高いことが考えられます。

真相がわかり次第、追記をさせていただきます。

スポンサーリンク




犯行現場

名古屋市北区西味鋺(あじま)一丁目の路上で今回の殺人事件が起きました。


出典:ANN



スポンサーリンク




まとめ

こういう結果に至るのは本当に予測できなかったのか?大人2人で出向いて話し合おうとしたのだろうが、相手の異常な状況を変えようと試みて、返討ちにあうという理不尽な話。もっと他に対処法があったかもしれない、と思うとあまりにも最悪な結果となり残念かつ新たな恐怖を覚えます。
これ、簡単に片付けちゃいけない事件やな。
出典:yahoo!news

警察や行政に相談すべきでしたね。ただし、刃物を向けるような相手ならどんな手段を選ぼうと逆恨みされるだけかもしれませんが…。転居するなど、なにか手立てはなかったかと悔やまれてなりません。
もう1人の被害者は同僚に相談を受けて一緒に現場に出向かれたのですね。まさかこんなことになるとは…こんな形で家族を失われた遺族の方が気の毒です。
出典:yahoo!news

こうなる前に司法の力でどうにかならんもんかね
出典:yahoo!news

スポンサーリンク