新村健治の顔画像や幼少期から虐待を受けた反動か?動物虐待でストレス発散をする素性がヤバすぎる!

シェアする

ストレス発散をしようと猫50匹~100匹を虐待し死亡させたとして、富山市に住む52歳の無職・新村健治容疑者が逮捕されました。

逮捕につながった理由は、富山・射水市内の路上で、飼い猫1匹を窃盗したことから発覚。

その際に、盗んだ猫もさらに殺したと共住しています。なぜ、猫を50匹~100匹も虐待死させてしまったのでしょうか?

「用水路に捨てた」とも供述していることから、相当心が荒み切っています。

50匹もの猫を虐待死させた男の素性について迫っていきます。


事件の概要

富山県内では、2019年に入り、飼い猫が何者かに連れ去られる被害が相次いでいて、新村容疑者の存在が明らかになりました。

県内の保護グループが男の自宅を訪ねた際、新村容疑者は、「いじめたかった。死んだ猫は用水路に捨てた」と供述。

容疑を認めていますが、なぜこのようなことをしてしまったのか?

新村容疑者のある幼少期の出来事が分かってきました。まずは、概要から見ていきましょう。


出典:FNN


出典:FNN

窃盗の疑いで逮捕されたのは、富山市の無職・新村健治容疑者(52)。
新村容疑者は5月19日午後1時半ごろ、富山・射水市内の路上で、飼い猫1匹を盗んだ疑いが持たれている。

警察によると、新村容疑者は「いじめたかった。死んだ猫は用水路に捨てた」と、容疑を認めているという。

富山県内では、2019年に入り、飼い猫が何者かに連れ去られる被害が相次いでいて、県内の保護グループが男の自宅を訪ねた際、「これまでに50匹から100匹の猫を殺した」とも話している。

新村容疑者は「(猫に)お湯をかけました」、「(どうしてそんなことをした?)ストレスの発散で…」などと話した。

警察は、器物損壊や動物愛護法違反の疑いも視野に入れ、余罪を調べている。
出典:FNN



出典:FNN

「いじめたかった。死んだ猫は用水路に捨てた」という恐ろしい供述から新村容疑者の素性が判明してきました。

次に迫っていきます。


動物虐待でストレス発散する素性がヤバすぎる!


出典:FNN


出典:FNN

ストレス発散で猫を50匹も虐待して逮捕された新村容疑者ですが、なぜ、ここまで猫を殺害することが出来るのでしょうか?

相当荒んでいる性格だということが分かりますが、新村健治容疑者(52)のある素性が浮上してきました。

一人で黙っている時の目つきがヤバい
出典:ネット情報から

新村容疑者は、家にずっと一人で住んでいたことが判明していますが、その時に何もせず、一人でTVも見ずに、ただただぼーっとしているか、または、ずっとじっとしている生活だったことが判明しています。

どうやって生活出来ていたのでしょうか、到底社会復帰できるようには思えませんが、かなり引きこもり状態だったようです。

52歳という年齢もあると思いますが、趣味もなかったのでしょう。
>あるとすれば動物を虐待することだけだったことが考えられます。


「せっかく苦労して捕まえてきたのに、すぐ死んでしまったら面白くないから、ただニャーニャー鳴いているのを聞いて楽しんでいた」
出典:JNN

猫に何かエサを与えていたわけではなかったようです、猫をボックス内に閉じ込め、鳴き声を聞いて楽しみ、しばらくしてから「お湯をかけた」ということが判明しました。

また、新村容疑者はスマホに、「猫を殴る」「猫を蹴る」などの記述もあったということ。

このような行為は、まるで新村容疑者自身が受けてきたかのような感じがします。

新村容疑者の幼少期はいったいどんな子供だったのでしょうか?

幼少期は親から虐待を受けていたようです。


幼少期から虐待を受けたことが判明


出典:JNN


出典:JNN

新村容疑者の虐待は猫といった小さく弱いものへの動物虐待です。

その行動から、新村容疑者の幼少期に受けた親からの虐待を、動物にしているのではないかということが考えられます。

動物虐待を含め、幼少期に自ら体験したことを、繰り返す傾向があるといいます。

その犯罪者の心理としては以下のようなことが判明しているそうです。

「世の中には、自分の劣等感を自分より弱い立場の動物等を虐待することで、征服感を得る人がいる。

この原因は、成育期に虐待が身近な環境で育ったことが考えられる。」

出典:動物虐待の心理

動物への虐待行為は、様々な要因が関係しているといいますが、特にその背景には、機能不全家族の問題や、家庭や社会における暴力の存在があるようです。

新村自身が育ってきた、暴力の肯定が、弱いものをいじめるという習慣になり、今回のような事件を起こした可能性も考えられます。


新村健治・プロフィール


出典:JNN

●名前 新村健治(しんむらけんじ)
●年齢 52歳
●住所 富山県富山市布目1700-52
●職業 無職
●逮捕容疑 動物虐待・窃盗

顔画像は、報道の画像を使用しました。虐待目的のために窃盗を繰り返した、動物虐待の常習犯です。

約一年半で、50~100匹ほど虐待死させているとのこと。

「せっかく苦労して捕まえたのに、すぐ死んでしまったら面白くないから」と供述し、世間をある意味驚かせたヤバい人物です。


犯行現場

住所は、富山県富山市布目1700-5


まとめ

そんな理由で猫を沢山殺したこの人は
いつか猫の祟りを受けて謎の死を遂げる
事になる。…と思う。
出典:yahoo!news

この方は何するか分からないね。
現在の法律に照らして何ができるか分からないけれども、
できれば二度とシャバに出てきて欲しくない。もちろん猫に触れられる所にも。
出典:yahoo!news

テレビに出て取材を受けていたけれど
普通の人では無さそうでした。
呼び掛けの言葉は理解していた様ですが。
こんな酷いことする人間?なのだから、正常では無いと思います。
だからと言って 絶対に罪は軽くしないで欲しい。
親御さん達の悲しみは想像を絶する。
野良猫でも、同じ。
同じことをして し返してやりたいと思うくらいです。
出典:yahoo!news


9月3日 12:21