鈴木康仁 顔画像や危険薬物の使用の恐れ!古口塁さんら死亡事故を起こしたその素性が判明!

シェアする

5月3日、連休中の真っただ中に鈴木康仁容疑者(33)が運転する黒い車が、後ろから猛スピードで突っ込み、車とバイク計6台が絡む事故が起きました。

この事故で、バイクを運転していた古口塁さん(54)が死亡し、5人が大ケガをした。

事故当時は「ブレーキも踏まれていない」状況だったことが判明!

危険ドラッグを使用した疑いも!?

詳細について迫っていきます。

スポンサーリンク




事件の詳細

事故の映像を確認してみますと、黒田容疑者が運転する車はなんのためらいもなく

後続から次々とバイクや車をはねていることが確認できます。

危険ドラッグが判明!?

まずは、概要から見ていきましょう。


出典:ANN


出典;ANN

横浜市瀬谷区の市道で3日午前8時半過ぎ、車とバイク計6台が絡む事故が起きた。

防犯カメラには、走っていたバイクに後ろから車が猛スピードで突っ込み、他の車にも次々と衝突する様子が映っていた。この事故で、バイクを運転していた古口塁さん(54)が死亡し、5人がけがをした。

過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕された鈴木康仁容疑者(33)は「事故を起こしたのは間違いない」と容疑を認めている。その後の捜査関係者への取材で、鈴木容疑者は「自宅を出てレジャーに行くために運転していた」と話していることが新たに分かりました。
出典;ANN

スポンサーリンク




事故を起こした鈴木容疑者は、「事故を起こしたことに間違いありません」と素直に容疑を認めていますが、

その後の調査では、お酒は飲んでいなかったことが判明しています。

それを考えますと、ノーブレーキでなぜ後続から突っ込むことができたのでしょうか?

この事故の代償に、バイクに乗っていた古口塁さん(54)が全身を強く打ち死亡し、車に乗っていた人も重軽傷を負っています。

危険ドラッグの使用ではないか、という言葉が浮かんできますが、その可能性について迫っていきます。

まずは、プロフィールから見ていきます。

スポンサーリンク




鈴木康仁・プロフィール

猛スピードで次々と後続から事故を起こした鈴木容疑者。プロフィールを確認します。


出典:ANN

●名前 鈴木康仁(すずきやすひと)
●年齢 33歳
●住所 東京都大田区
●職業 自称会社員
●逮捕容疑 過失運転致死傷

鈴木容疑者の顔画像は、公開されている内容を添付いたしました。

「自宅を出てレジャーにいくために運転していた」ということが判明しておりますが、現場の防犯カメラ確認してみますと、かなりのスピードで後続から次々に追突しています。

いったいなぜ!?

危険ドラッグ、脱泡ハーブの使用ではないか?

その可能性について関連性を探ってみます。

スポンサーリンク




危険薬物による自動車事故の傾向


出典:ANN

鈴木康仁容疑者が運転する車が後続から次々に衝突し、自動車事故を起こしましたが、

防犯カメラからは、かなりの猛スピードで衝突していたことが判明しています。

この事故から危険ドラッグではないかという見方が見られています。

危険ドラッグによる事故が話題になったのは、2014年に起きた池袋で暴走車による死亡事故から大きく社会的に注目を集めました。

警視庁の統計によれば薬物事犯の検挙人数はここ数年1万人を越えて横ばい状態であり,決して減少しているわけではないようです。

特に自動車事故を起こす人物は、脱泡ハーブを吸って運転するケースも多いようです。

使用者の理由は簡単で、脱泡ハーブであれば合法であると思っているケースや

そこまで害はないと勘違いしているケースもあるようです。

しかし、使用した常習犯はかなりヤバい状況に陥っていることをしっていながら、合法と勘違いして使用していることも多いようです。

スポンサーリンク




危険薬物の使用が判明か!


出典:ANN


出典:ANN

脱泡ハーブを使用して運転する事故が多い中、危険ドラッグを使用した場合の運転の仕方はどうなっているのか?

当然ながら、正常な運転ができない恐れは予想できますが、以下の内容が判明しています。

重大事故では事故現場に向かってハンドルを切らずまっすぐに、かつアクセルを踏んだまま加速しながら突っ込んだ事例が多くあったが、これはアクセルに置いた右足が硬直するようなカタレプシーが起こったことを意味する。
出典:危険ドラッグを使用時の交通事故の問題検証から

「実際、事故後に駆動輪のタイヤが溶けるまで空転していた場合や右足を車外に出そうとしたら硬直していた場合があった」ということも明らかになっています。

スポンサーリンク




危険度ドラックによる心身への影響

危険ドラッグに含まれる成分は、どれも脳に強く作用します。
また、使用量が増えるほど心身にはダメージが残り様々な影響が出始めます。


・実際に無いものが見える、聞こえる(幻覚・幻聴)

・ぐったりする(疲労感・倦怠感)

・集中して勉強できなくなる(学習能力の低下)

出典:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/no_drugs/use/index.html

脱泡ハーブを吸って運転するケースは多いですが、使用者は合法だからという理由が多いようです。

しかし、合法という言葉はうそです。違法としてリスト化してある薬品を使用していないだけで、合法と言っているだけ。

体への害がないわけではないため、非常に危険です。鈴木容疑者が起こした事故は決して許されるわけではありませんが、詳細が明らかになり次第、追記をいたします。

スポンサーリンク




犯行現場

神奈川県横浜市瀬谷区の旧16号線卸センター南側交差点付近が判明しています。






出典:ANN


出典:ANN


出典:ANN

スポンサーリンク




まとめ

外出目的なんかどうでもいいよ。なぜブレーキを掛けずに突っ込んだのかが知りたい。中途半端な報道するなよ
出典:yahoo!news

車はアウディ、池袋の事故車はプリウス
この人は運よく怪我せず逮捕、他方は怪我して入院して未だに逮捕されず
最近この手の事故での逮捕多いけど池袋の件だけは納得できないな
出典:yahoo!news

飛行機のブラックボックスがあるように、車にもブラックボックスのような走行記録を残す機能を付けた方がいい
出典:yahoo!news

スポンサーリンク