木津英喜の顔画像やもの凄く真面目な性格が判明!経営難による鬱病や無理心中の可能性が発覚か!

シェアする

7日午前一時前、東京荒川区の和菓子店、菓匠木津屋の冷蔵庫から女子大生、木津いぶきさん(18)が遺体で発見された事件で、父親の木津英喜(ひでき)さん(43)が殺害したことが判明しました。

父親の英喜さんは、殺害後、「娘を店で切った、死にたい」と連絡し、岩槻の河川敷で首を吊って自殺をしてしまいました。

周囲からは、大変仲の良い家族だっただけに、動揺を隠せません。いったいなぜ、娘さんを殺害してしまったのか?

木津英喜さんの物凄く真面目な性格や、ある出来事が判明してきました。

詳細に迫っていきます。

スポンサーリンク




事件の概要

木津いぶきさんは、和菓子店内の業務用冷蔵庫(縦73センチ、横140センチ、高さ85センチ)の中から首を絞められたような状態で発見されました。

木津英喜さん(43)が勤める和菓子店、菓匠木津屋は、あんドーナツが人気で美味しく、地元では結構有名な和菓子店だったようです。それだけに、大変悲しい事件となってしまいました。

木津英喜さんは、朝早くから晩まできっち働くかなり真面目な性格だったとのこと。

いったいなにが?

まずは事件の詳細から確認していきます。


出典:ANN


出典:ANN

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久の和菓子店の冷蔵庫内で、近くに住む大学生、木津いぶきさん(18)が死亡しているのが見つかった。警視庁尾久署によると、この店を経営する父親の英喜(ひでき)さん(43)が家族にいぶきさんの殺害をほのめかした後、所在不明になっていたが、同日早朝にさいたま市内で遺体で見つかった。英喜さんは木に首をつっており、自殺とみられる。

同署によると、6日午後6時35分ごろ、いぶきさんの弟から「お父さんが自殺しようとしている。お母さんが電話で止めている」と110番通報があった。英喜さんは「手首を切った。川に沈んで死ぬ」などと話していたという。英喜さんの所在が分からなかったため、母親が同署に相談していた同7時ごろ、自宅には「娘を菓子店で切った。死にたい」と電話があった。

いぶきさんと英喜さんを捜していた署員が翌7日午前0時50分ごろ、和菓子店の業務用冷蔵庫内でいぶきさんを発見。冷蔵庫は幅140センチ、奥行き73センチ、高さ85センチで、いぶきさんは丸まった姿勢で入れられていた。目立った切り傷や刺し傷はなかったという。

 近くに住む自営業の女性(71)は「子煩悩なお父さんで、家族間のトラブルは聞いたことがない。娘さんにはバレエを習わせて大切に育てていたようなので、本当にショック」と肩を落とした。
出典:産経新聞

スポンサーリンク





出典:nhk

周囲からは大変子煩悩なお父さんで、家族のトラブルは聞いたことがなく、子供達を大切に育てていたことが分かってきました。

そんな大切に育てていた娘、木津いぶきさん(18)を、父親の英喜さん(43)はなぜ殺害してしまったのでしょうか。

その理由として、周囲からは木津英喜さんの、まじめすぎるある性格や病気が原因ではないかということが浮上してきました。

真相に迫っていきます。

スポンサーリンク




経営難による無理心中の可能性が発覚か


出典:amebaTV


出典:amebaTV

木津英喜さんが殺害した理由として、経営難による鬱病、もしくは娘さんとの無理心中の可能性が浮上してきました。

和菓子店木津屋は、東京都荒川区東尾久4-33-7にある老舗和菓子屋で、あんドーナツや各種和菓子が人気のお店です。


出典:ANN

いぶきさん(18)を殺害してしまった、父親の英喜さん(43)がオーナーを務め、「物凄く良い家族」として知られていました。


出典:ANN

朝から夜遅くまでまじめに働いていた真面目な人だったことも判明しています。

しかし、最近のコンビニなど、どこでも気軽に買えるマーケットの影響から、和菓子店という名だけで生計を立てることは大変厳しかったことが今回の事件の発端ではないかと言われています。

スポンサーリンク




和菓子店木津屋は、経営難だった」という見方が強いのです。

以下に和菓子店の倒産の現状を示しますと↓


和菓子店は、2018年1月から10月の間で年間で52件倒産したとも言われています。(和菓子店の倒産状況から)

この52件倒産という数値は、一見少ないように見えるかもしれませんが、前年比の1.2倍も増加したと言われています。

特に、倒産企業の中には業歴が長く、有名銘菓を製造していたところや、人気店として知られた店も数多くみられるというのです。

理由は、先ほど述べたように、大手コンビニチェーンが展開する「コンビニスイーツ」の台頭で競合が激しく、原材料の上昇、後継者難や人手不足も重なり、「和洋菓子店」の経営環境は厳しさを増しているのが現状です。

木津英喜さんが経営する和菓子店もそうであったのではないかと見られています。

スポンサーリンク




経営難による鬱病の可能性も


出典:NNN


出典:NNN

どの情報からも、家族間における原因は明らかになっておりません。

「家族の間では、特に問題はなかったように思います」「笑顔が絶えない家族」「元気に挨拶していた」「すごくいい家族」

このような情報しかみられていないことを考えますと、やはり経営難で生計が困難だったことが理由ではないかと考えられます。

娘さんであるいぶきさんも学生ですから、かなり金銭面での精神的な追い詰められ方は厳しかったのではないでしょうか。

そのために、英喜さんは鬱病だったのではないかと見られています。

日本での自殺者数は年間3万人という数ですが、その中で中小企業の経営者が大きな割合を占めているとも言われています。
出典:日本の自殺者の実態

経営者に日本の自殺者は、大半を占めているとのことで、経営などに悩みを抱え、うつ病を発症したことによるとも考えられるでしょう。

経営や家族などを養っていかなければならないといったプレッシャーからか、無理心中を図った可能性が高いのではないかと見られます。

大変まじめな性格だったために、頑張ってしまったのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク




犯行現場

和菓子店木津屋は、東京都荒川区東尾久4-33-7にある老舗和菓子屋です。



スポンサーリンク




まとめ

こういう類いの事件は、家庭内の複雑な状況が絡んでいる場合が多い。これ以上の報道は控えるべきだと思う。
出典:yahoo!news

よっぽどの事があったんでしょう
出典:yahoo!news

いったい何があったのか。
家族にしか分からないことがあったのでしょうね。
ご冥福をお祈り致します。
出典:yahoo!news

スポンサーリンク